佐世保法人会
コンテンツ

お知らせ トピックス 基本的指針 佐世保法人会 活動内容 福利厚生 入会案内 情報公開

PDFファイルをご覧になるには閲覧用ソフト「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない場合は下のボタンをクリックし、ダウンロード(無料)してからご覧ください。
アドビ リーダー

トピックス

2018.10.24

佐世保税務署から「消費税軽減税率制度説明会」開催日程のお知らせを追加しました。

<佐世保税務署からのお知らせ>

 2019年(平成31年)10月1日から消費税率引上げ(8%⇒10%)に伴い実施される消費税の軽減税率制度及び2023年(平成35年)10月1日から導入される適格請求書等保存方式(インボイス制度)に関する説明会です。
 どなたでも参加が可能であり、また、参加費は無料となっておりますので、皆様のご参加をお待ちしています。

開催年月日 時間 会場
平成30年11月19日(月)
15:30〜16:00 佐世保市三浦町2-3
アルカスSASEBO
11月20日(火)
15:30〜16:00 佐世保市江迎町田ノ元265-1
佐世保市江迎地区文化会館
11月21日(水)
15:30〜16:00 波佐見町折敷瀬郷2064
波佐見町総合文化会館
11月30日(金)
13:30〜15:30 川棚町中組郷1506
川棚町中央公民館
12月13日(木)
15:00〜16:30 佐世保市湊町6-10
佐世保商工会議所
平成31年 2月 7日(木)
13:30〜14:00 佐世保市栄町7-12
(一社)佐世保自動車協会交通会館
4月 4日(木)
13:30〜14:00 佐世保市栄町7-12
(一社)佐世保自動車協会交通会館
5月29日(水)
13:30〜14:00 佐世保市栄町7-12
(一社)佐世保自動車協会交通会館

軽減税率制度に関するお問い合わせ先

【専用ダイアル】0570-030-456 【受付時間】9:00〜17:00(土日祝除く)

詳しくは、こちらから(PDF)

<佐世保税務署からのお知らせ>

消費税軽減税率制度及び

適格請求書等保存方式の説明会を開催します

1.開催場所:アルカス佐世保 3階 大会議室

2.平成30年10月3日(水)

  第1部・・・10時00分から11時40分

  第2部・・・13時00分から14時40分

  第3部・・・15時30分から17時10分

  第4部・・・18時00分から19時40分

3.定員:各部 200名

4.申し込方法:下記のこちらからより参加申込書をダウンロード及び作成のうえ、

  長崎県商工会連合会担当者宛メールにて送付してください。

詳しくは、こちらから(PDF)

<佐世保税務署からのお知らせ>

駐車場入口変更のお知らせ

 2月13日(火)から3月15日(木)までの確定申告期間、駐車場の入口を右図のとおり(県北振興局入口側)変更します。

 なお、3月16日(金)からは現在の入口に戻りますので、ご注意願います。

 来庁者の方には、ご迷惑をお掛けしますが、ご協力の程、よろしくお願いいたします。


<税務署からのお知らせ>

第12回「全国女性フォーラム」鹿児島大会

 法人会における女性部会の役割には、年々大きな期待が寄せられてきております。女性部会では、
部会員の資質向上と情報共有による法人会活動のさらなる充実、活性化を目的に、毎年、全国女性
フォーラムを開催しています。今年は、下記のとおり鹿児島県鹿児島市で開催されました。

日程]平成29年 4月 7日(金)

会場]城山観光ホテル (講演・式典・懇親会)

記念講演〕演題: 「明日の社会と税金を語る
 ■■■■■■■■■■■■■■■■〜霞ヶ関からワシントンまで〜 」

■■■■■■■o講師: (株)国際協力銀行 代表取締役専務取締役   林 信光 氏


「輝け女性! その風は南から」

 女性が、その持てる力を存分に発揮し、活躍できる社会にすることで、将来の日本を支える子どもたちの育成と、経済社会の発展に貢献するよう、私たち女性部会も互いに交流を深め、手を取り合い、法人会活動を通じて更に日本のより良い未来を切り拓いていこうではありませんか。

 ここ鹿児島の地において、揺るぎない決意とともに、以上、宣言いたします。


本年は、全国から1624名の参加者で当会から3名が参加し、

全国の女性部会の皆様と交流を深めました。

大会では、「税の絵はがきコンクール」入賞者の展示もありました。
年々レベルが上がっているようです。。

 


<長崎県からのお知らせ>

女性のためのミドルマネジメント講習

 女性のためのキャリア形成へのモチベーションを高め、チームビルディングのスキルを体系的に学ぶ講習会です。また、女性社員の交流会も開催します。

日時・場所 :アルカスさせぼ2階(佐世保市三浦町2−3)

第1回 2月 9日(木)13:00〜17:40

第2回 2月23日(木)13:30〜17:40

第3回 3月 2日(木)13:30〜20:30(交流会を含む)

第4回 3月 3日(金) 9:30〜12:10

第5回 3月16日(木)13:30〜17:40

■■象 :女性中間管理職(部下を持つ女性社員)とその候補の皆様で
■■■■■■全回通して受講可能な方
■■員 :30名程度
無料(但し、交流会の費用は受講者の負担になります)
募集期間 :平成29年2月3日(金)まで
その他5回連続の講習会です。各回個別の受講はできません。
■■■■■(但し、3月2日交流会のみの参加は可能です。)

お申し込み・お問い合わせ先
長崎県民生活部男女参画・女性活躍推進室
TEL:095-822-4729
FAX:095-822-4739

→詳細ちらしと、申込書はこちらから

<税務署からのお知らせ>

駐車場入口変更のお知らせ

 佐世保合同庁舎の駐車場入口を右の通り変更いたします。
ご利用される皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解を賜りますようお願いいたします。

変更内容「県北振興局側」に変更します。

変更期間平成28年2月 1日(月)より

□□□□□平成28年3月15日(火)まで

第32回 法人会全国大会「徳島大会」が開催されました。

 第32回法人会全国大会「徳島大会」が10月8日(木)中原国税庁長官、飯泉徳島県知事,原徳島市長をはじめ多数のご来賓を迎えアスティとくしまにて開催されました。
 全国から約1,800名が参加。今回は、次年度開催が長崎市ということで県内単位会から多く役員が出席し、当会からも6名が参加しました。

第1部 パネルディスカッション(14:00〜15:15)

【テーマ】 「日本の山里に、こんな仕事・移住企業もありますよ
□□□□□□□□□□□□□□□〜地方創世の独創的ビジネスモデル〜」

【パネリスト】 (株)いろどり 代表取締役社長 横石知二氏
□□□□□□□特定非営利活動法人 グリーンバレー 理事長 大南信也氏

【コーディネーター】 (公財)徳島経済研究所 専務理事 田村耕一氏

第2部 式典(15:30〜16:40)

第3部 懇親会(17:00〜18:00)


税制改正スローガン

○ 厳しい財政状況を踏まえ、国・地方とも行財政改革の徹底を!

○ 中小企業の力強い成長なくして、真の経済再生なし!

○ 法人の実効税率を早期に20%台に引き下げ、軽減税率15%本則化の実現を

○ 中小企業の円滑な事業継承にかめに、欧州並みの本格的な税制の創設を!


平成28年度 税制改正に関する提言(要約)はこちら

  

 徳島大会は例年の記念講演会から趣を替えてパネルトークでした。上勝町の第三セクター「いろどり」の社長と神山町のNPO法人「グリーンバレー」の理事長が地方創生にに結びついた「葉っぱビジネス」や「情報通信技術(サテライトオフィス)」の誘致など独創的なビジネスモデルについて熱く語ってくれました。
 テーマは、「日本の山里に、こんな仕事・移住企業もありますよ」として地方創生の独創的ビジネスモデルから地域の活性化について「地方が元気にならないのは受け身になっているからではないか」「新しい試みができる場所が必要。やろうとしている人たちへの寛容さが地域には欠かせない」など経営とリーダーシップ。どうすればやる気を出させるか、どうして自身を持たせるか。皆さん真剣に聞いていました。
 会場にはこのパネルトークを聞こうとたくさんの地元大学生が熱心にメモを取る姿も印象的でした。
 来年の長崎大会の成功を祈念いたします。


<佐世保市役所 市民税課より「法人・事業主の皆様へお知らせ」>

佐世保市役所からの依頼

      個人住民税(市県民税)の特別徴収について

 給与所得者の個人住民税は、地方税法及び市税条例の規定により、原則として事業主が特別徴収(給与からの天引き)を行い、市町村へ納入することとされています。

 県内全市町と長崎県は、事業主の方に個人住民税の特別徴収を実施していただくための取り組みを行っており、平成27年度から個人住民税の特別徴収を完全実施します。(佐世保市では、平成26年度から特別徴収の一斉指定を行っています。)

 まだ特別徴収を実施されていない事業主の方は、従業員の方の住民税特別徴収のご準備をお願いいたします。

 なお、本市に提出いただく給与支払報告書を作成される際は、佐世保市用の総括表様式をご使用いただき、ご提出くださるようお願いいたします。

詳しくは、こちらから


<長崎県税務課から「自動車税の口座振替についてのお知らせ」>

自動車税の口座振替について》

長崎県の自動車税を口座振替で納付することができます。

登録抹消時の還付口座としても利用できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成26年度から、長崎県の自動車税を口座振替で納付することができます。

いったん申込みをされますと、毎年ご指定の口座から自動的に振り替え納付できますので、

納付忘れがなく、大変便利です。預貯金口座のある金融機関、ゆうちょ銀行の窓口にて

申込みをしてください。

平成26年分の申込みは、3月31日(月)まで受け付けております。

詳しくは、こちらから

<口座振替についての問い合わせ先>
長崎県総務部 税務課
http://www.pref.nagasaki.jp/section/zeimu/index.html
電話 095-895-2214 e-mail s01060@pref.nagasaki.lg.jp

<国税庁からのお知らせ>

消費税法改正についての周知のお願い

消費税法改正についての周知のお願い

 消費税法等の一部が改正され、消費税(地方消費税を含む。)の税率を平成26年4月1日から8%に引き上げることとされています。

 国税庁においては、国税庁ホームページに、「消費税法改正のお知らせ(社会保障と税の一体改革関係)」の特集ページを設けております。

詳しくは、こちらから(PDF)

<長崎県総務部税務課からのお知らせ>

長崎県総務部税務課より「申告書等の提出場所変更について」お知らせします。

法人県民税・法人事業税及び地方法人特別税の
申告書等の提出場所変更についての(お知らせ)

■■■長崎県では、これまで県央振興局税務部及び県北振興局税務部で行っていた法人県民税・

■■法人事業税及び地方法人特別税に関する課税業務を、平成25年4月1日から、

■■長崎振興局税務部で行うことになりました。(五島・壱岐・対馬の各振興局においては、

■■従来通り変更はありません。)

詳しくは、こちらから

<佐世保税務署からのお知らせ>

公的年金を受給されている方へ。

公的年金を受給されている方へ

 公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税の確定申告書を提出する必要はありません。

www.nta.go.jp


<国税庁から「更正の請求」に関する改正内容についてのお知らせ>

「更正の請求」に関する改正内容について

平成23年12月2日に、平成23年度税制改正に関する法律
「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正
する法律」(平成23年法律第114号)が公布されました。

  [主な改正内容]

   更正の請求期間の延長

   更正の請求の範囲の拡大 等           ⇒ 詳しくはこちらから

国税庁ホームページ www.nta.go.jp

あんなこと、こんなこと注意してますか

◎年度末(決算時期)によくある誤り
 ○今事業年度に納品した商品の売上計上を翌事業年度に繰り延べていた
 ○店ざらし商品を価値がないものとして棚卸資産に計上していなかった
 ○今事業年度の棚卸資産の単価を引き下げ、翌期首に仕入単価を高めに設定
  していた
 ○債務が確定していない費用を、今事業年度に支払いを済ませたという理由
  で、今事業年度の損金に算入していた

◎決算時期に誤りを防ぐための点検事項
 ○決算期末の翌月に不自然に多額の売上が計上されていないか
 ○決算月と決算期末の翌月の売上総利益率に異常数値はないか
 ○決算期末に、不自然に多額の仕入や費用の支払いはないか
 ○決算期末の請求書や納品書に様式が異なっていたり、通常コンピュータ
  打ちだしのものが、手書きになっていたりといった不審なものはないか
 ○請求書(控)に請求日のないものや、日付順に綴じられていないために
  前後の(控)と日付が連動していないものはないか
 ○棚卸表に欠落しているものはないか

◎日頃から点検しておきたい注意事項
 ○領収書、請求書、見積書等の控は書き損じも保存する(現金商売はレジ
  ペーパ、売上伝票等を破棄せず保存する)
 ○領収書、請求書、見積書等の証憑書類は支払先、支払内容等を明らかに
  する
 ○領収書のとれない支払いは支払年月日、支払先、、支払内容を明らかに
  したうえで支払者も明記する
 ○白紙の領収書は受け取らない(領収書の記入は必ず支払先にしてもらう)
 ○印紙の必要な領収書には必ず印紙を貼付し、割印または署名で消印して
  もらう
 ○現金出納帳は日々記帳し、現金残高も毎日確認する
 ○机の引き出し等には不必要な私物を保管しない
 ○金庫に役員や従業員の預金通帳や現金は保管しない
 ○従業員や取引先の印鑑を企業で保管しない
 ○議事録や稟議書、契約書等を整理整頓しておく

(企業実務参照)